飲むペース量を過剰摂取を把握してプエラリアを飲み続けましょう

いろいろなプエラリアのサプリがたくさんありますが、一番効果的な飲み方をご紹介します。

①吸収が良い空腹時に飲むのが効果的

食事でも同じですが、胃に先に入った食べ物の栄養が先に吸収されます。なので何もお腹に入っていない状態の時にプエラリアを飲んだ方がより効果的なのです。
但し、胃が弱い人などは体調を崩す恐れもある為、空腹時は避けた方がいいかもしれません。

②胸が成長する就寝時に合わせて就寝前に飲む

バストアップのゴールデンタイムは22時~2時です。この時間帯に成長ホルモンがたくさん分泌されるので、この時間に寝た方がバストアップする可能性が高くなります。

③生理中には飲まない

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)があります。
プエラリアはプロゲステロン(黄体ホルモン)と似た働きをする成分です。

生理中は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が少なくなります。なのでこの時期にプエラリアを飲むとプロゲステロン(黄体ホルモン)が過剰摂取になります。

生理中は栄養が失われたり血行が悪くなったりして体調を崩しやすい時期なので無理にプエラリアを摂取して刺激しない方がいいと言われています。

④卵胞期に飲むのが効果的

女性の生理周期は、個人差はありますがおよそ28日周期です。卵胞期排卵期黄体期月経期のサイクルがあり、卵胞期には女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が最も活発に分泌される時期なのでその時にプエラリアを飲むとプロゲステロン(黄体ホルモン)も活発になり、より効果がUPするというわけです。

ちなみに黄体期である生理前にはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)がともに大きく減少します。この時、ちゃんとエストロゲンが減らないと生理が遅れてしまいます。

つまり、卵胞期と排卵期にプエラリアを飲んだほうがいい事になります。
まとめると、生理が終わってから排卵日までの10日間だけ飲むのが効果的という事になります。

⑤自分にあったペースや量を把握する

女性ホルモンの量は人それぞれ個人差がありますので、プエラリアの量も調節した方がいいでしょう。過剰摂取しても体外に排出されるようなので、自分に合った量を把握して飲み続けましょう。
飲むペースもそれぞれですが、一番いいのは1日分の容量を2~3回に分けて摂取した方がいいと言われています。少量を数回に分けて飲む事で、常に女性ホルモンが効いている状態になるからです。