脚の筋肉不足がリンパ節を濁らすヘルプサイン

陽が沈むと共に、脚に現れるイヤ~なむくみ。

年齢と共にひどくなる一方よ!とお嘆きの女性も多いことでしょう。

むくみは誰にでも起こり得ることですが=体の生理現象・無害ではありません。実はこのむくみ、体からのヘルプサインなんです!

むくむ原因は人により異なりますが、もっとも多いのはリンパ節のトラブルです。血流の低下や内臓疾患が、リンパ節を濁らせます。

老廃物でパンパンという不健康な状態が続けば、バストも少なからず影響を受けるのです。

人によっては『脚の筋肉不足』がリンパ節を濁らす原因であることも・・・。

筋肉が不足する脚は疲労を蓄積しやすく、結果的にリンパ節や血流に悪影響を与えます。

でも、ご安心下さい。私たちに出来ることは沢山あります。

まずは、脚に適度な筋肉をつけましょう。

エレベーターやエスカレーターを避けるだけでも、脚は鍛えられます。

ランニングなどハードな運動は必要ありません。

するのであれば、ウォーキングで十分です。

ポイントは、一気にこなすのではなく継続してこなすことです。

入浴中のマッサージも効果的です。

コリを感じる部位と、その周囲をほぐしてあげましょう。

こちらも一気にこなしてはいけません。

少しずつ、体に負担を掛けないよう行って下さい。何事も継続が結果を生みます。

それでも解消されない場合は内臓疾患が疑われます。

たかがむくみと甘く見ず、検査を受けることをおすすめします。

良いバストは、健康体でなければ手に入らないのです。